読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GRIT

世の中のことについて考えてみたい

様々な意見

様々な意見がある。

100人いれば100とおりの意見がある。

自分の意見を相手に押し付けたり、相手から意見を押しつけられることはよいか悪いかといえば「悪い」。

組織がある。組織の構成員がいる。組織の構成員は様々な意見をもつ。

そのような場合、組織は組織として活動していけるか?

少なくとも効率的に活動することはできない。

様々な意見を持った構成員が、自分の信じる意見だけに従って行動するならば、組織の一体性はない。

人が二人以上いれば組織である。

家庭、学校のクラス、自治会、そして会社、そして国家

こういう組織が組織として組織の目標に向かって活動するならば、各々ばらばらの意見で動いてはならないだろう。

 

組織の意見、組織の考え

これに従い一致して構成員は行動しなければならない。

 

問題は、何が組織の意見・考えになるのか?

どのようにして組織の意見・考えは形成されるのか?その形成過程に構成員の100通りの意見はどう反映するのか?あるいは反映しないのか?

 

私の考えは次のとおり

構成員は多種多様な意見・考えを持たなければならない→議論が重要である。議論を通じて多種多様な意見・考えをぶつけ合う。議論をしない組織は問題外

→議論は必ず結論を出すこと→出した結論には議論に関与した者は従わなければならない→出した結論は組織の意見・考えであり、これに従い組織構成員は一致して行動する。

 

これに対して、誰か一人、あるいは少数の者が意見を決めてしまい、それに組織構成員は従う、というやりかたもあるが、これはだめである。

理由は、①個人を尊重していない、各々の考えを尊重しない。②一部の者が決めるよりも多種多様な意見にもまれた結論の方が優れている。

 

意見をもつこと

意見を説明できること

人の意見に流されないが頑固でもない、柔軟であり、ときには意見を変える

議論すること

そして決めたら実行する実行力